鍵の悩みはプロにお任せ!トラブルもすぐに解決

鍵

防犯性の向上のために

南京錠

鍵交換は、様々な理由で行われます。鍵の紛失や故障などが最も多い理由です。ですが、最近では防犯のために鍵交換を行う人が多くなってきています。よくあるタイプの鍵だと、防犯性はかなり薄いといわざるをえません。特に賃貸物件だと、借り主が変わってもその都度鍵を交換するとは限りません。ずぼらな大家だとそのままにしておく場合も多々あります。その場合、前の借り主が合い鍵を作っていたりすると簡単に侵入できてしまいます。そのような心配から、鍵交換をする人が増えています。鍵交換のときは、現状の鍵と新しい鍵を交換する場合と補助鍵をつける場合があります。賃貸の集合住宅では補助鍵をつける人が多く、一軒家では鍵交換をする人が多いという特徴があります。

鍵交換の際には、新しい鍵の種類を工夫すると防犯性も使いやすさも向上します。ディンプル錠という種類はピッキングされにくい鍵として有名ですが、精密である分ほこりなどちょっとしたことで鍵が回らなくなることがあります。おすすめは電子錠やICキーなどです。鍵穴がないためピッキングは不可能であり、防犯性は非常に高いです。ディンプル錠のように鍵のせいであかなくなることはありません。鍵の電池が切れることはありえますが、電池交換だけでいいので鍵自体が回らなくなるという事態より対処は簡単でしょう。また、ボタンを押すだけで鍵を開けることが出来るのは、子供をだっこしていたり荷物を持っているときなどにもとても便利です。